スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちまちま調べたこと

まだまだ調べてます

きっとずっと調べてます


自分が改めて理解するために書いているので、ものすごくわかりにくい?感じになってしまってます。
しょうがないね

そうさせつめい後から本編開始前までのセリフの変え方

つかうもの
・Stirling などのバイナリエディタ(実作業は全部これで)
・PokeDataChanger とか(セリフを対応した16進数に変えてもらうだけ・セリフ探しにも使用)
・GBAエミュ(VBAとか)

元々の字数を超えたセリフの長さに設定する場合、空き容量を指定してあげたほうがやりやすい?
ので、元々指定されている場所を探して空き容量に指定し直します。
数字とゲーム画面とにらめっこして検索かけながら調べていきます。

『 オーキド博士が出てきて話しはじめてボールをだしてポケモンだして話しはじめてポケモンしまってレッツゴー! 』 まで

1.オーキド最初のセリフ 「はじめまして!」~

元々のセリフがはじまる場所 : 1AA211

kpoke1.png

この 1AA211 が、今最初のセリフのスタートに指定されています。
そこを空き容量に変えます。

まずはこの 1AA211 を指定している場所を検索します。
検索(望遠鏡のマーク)を開いて、検索範囲はデータ全体を指定して
1AA211 を2文字ずつ後ろから入力 ( 11 A2 1A ) し、検索かけます。

kpoke2.png

1AA211 を指定している場所である、 130104 が見つかりました。
この 130104 から 130106 までの6文字が、最初のオーキドのセリフのスタート位置?を指定しています。
これを空き容量に変えてやります。※

※この変更を他の変更や改造よりも先にする場合、まだ空き容量のどこも使ってないはずなので
6C7D38 から続く FF FF ... が続いている場所(これが空き容量の部分?)を今回は指定します。

kpoke3.png

指定する際、11 A2 1A のように後ろから2文字ずつ打ち込んでいくことを忘れないでください。
今回指定するのは 6C7D38 なので、 38 7D 6C と打ち込みます。

kpoke4.png

これでセリフのスタートの指定位置が空き容量に変わりました。
次は空き容量に戻り、好きにセリフを打ち込みます。

空き容量をあらかじめ検索して出しておき( 08 00 00 FF とかで検索する?)、
PokeDataChanger で適当に変えたいセリフを打ち出します。

kpoke5.png

ROMを開く → 改造元のROMを指定 → セリフ変更のタブ → セリフ打ち込み → セリフ→16進数
変換され表示された16進数を、 6C7D38 ~ に打ち込んでいきます。

kpoke6.png

逆からではなく、そのまま順番に打ち込みます。
打ち込み終わったら、Stirling の画面左上のフロッピーマーク(上書き保存です)を押します。
すると、開いてたファイルの名前の横に表示されていた * マークが消えます。ここまでの作業が上書き保存されました。

実際にどうなっているか確認してみましょう。

kpoke7.png

変わっていれば完了です。
セリフ一つ変えるのもなんだか時間かかりますね。 でも他のセリフも変えていきたいですね・・・

セリフの探し方や、指定している場所の探し方は同じなので
同じようにちまちま探します。

~未完~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。